FC2ブログ

プロM6-4 畏れよ、我を


水曜日はプロMの日。
と言うことで、今回は難関と言われている「畏れよ、我を」の下見に行ってきました。

下見といってもあわよくば勝ってしまったら儲けもの、な感じで。
前日までにそれぞれが弱体アイテムの「CCBポリマー剤」を準備。
この鯖では1つ20万Gする代物なので、今回はみな使用を控えました(´∀`)





まずはBF外にレイズ師が待機して、メンバーそれぞれレベル1ジョブにし、BFを見学。
BFの狭さや立ち位置を確認するためです。
確認後死亡して退出、レイズを受け、戦闘内容の確認。


3連戦45分間のながーい戦闘なので、待機班は時間を計る係りになりました。



第一戦はマメット×5体戦。
マメット4体をマラソンで、忍者AFの足装備効果を利用するため夜間前の突入を狙います。
しかし1時間も待てない…ということで夜間を待たずに第一班突入。

構成は


白(待機班)

マメット戦ではナイトメイン盾、忍者マラソンで一匹ずつ処理。
リキッドはあれば槍タイプに使用して、片手棍タイプにはサイレスを入れる。


マメットは難なくクリア。
この時点で約10分経過。
多少魔法のガ系は痛いものの、サイレスさえ入ってしまえば問題なし。
終了するとMP、HP共に全快。(アビリティはどうだっけ?)


2戦目はオメガ戦。
前衛と後衛が対角線上に位置して戦闘。
それでも遠すぎると回復が届かないため、前に出る>>後衛範囲くらう の繰り返しでしたヽ(;´Д`)ノ

:かたすぎww

氏が固いと言うのは珍しい…。
火力としてはモンクの氏と黒の頼みなので、それはもうドキドキです。
範囲を喰らわずにいけば、なかなか安定した戦いに。
麻痺は痛いですね。
それでも大ケアルなどでタゲがふらつくなどもあったようで、MPも足りず敗退。
敵HP残すところ3分の1でした。
ここでも、マメット戦から約10分ほど経過したところでした。



その後、白&赤を入れ替え自分も入ってきました。
マメット戦はやはり同じ感じでした。
自分は黙々と回復&サイレスなど。
ファラ&ストンスキンあるとマラソンしなくても赤個人は耐えられる感じでした。
白・黒さんはサイレスいれて走ってしまうと回復が間に合わなくなるので、3人ともマメットにサイレスいれてタゲ来てる時は、赤がメインヒーラーっぽく。

オメガ戦は入った初っ端にミサイルきて驚き。
前方範囲技ですが、当たり前のように全員HP真っ赤。
何事?!と思いつつも体制を建て直します。
コツコツと削って敵のHPが半分切ったところで、忍者が事故死。
MPがそれぞれ少なくなっていたため、コンバートをするため範囲外へダッシュ。
ナイトがタゲを取ったが、後衛も範囲スタンをくらいナイト死亡。
ナイト死亡と同時にコンバートしたためタゲを取り死亡(´_ゝ`)
自分タイミング悪すぎです。

MPはそれほど減ってなかったから、事故とかなければいけそうだね~といった感じで退出。
次回は薬品など本格的に投入して再戦です。

プロエーテルとか10万Gしたりするんでできるだけ負けないようにしたいですなぁ。
特に前衛はハイポーション5000Gとかイカロスとかアホみたいにギルが飛んでいくし。
ひとまずみんなのハイポーションは、前日までに自分が合成しとこうと思います。
何本くらい作っておこうかのぅ。
調理じゃなくて錬金術上げておけば良かった(´_ゝ`)

ところで3戦目のアルテマってどんな敵なんじゃろうね?
スポンサーサイト




  1. 2005-12-16(Fri) 16:28:40|
  2. FFXI-ミッション|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teqteq.blog27.fc2.com/tb.php/46-0f1f5dea

Profile

Roco

FF11診断 -チョコボ育成日記-

Search